ページトップへ

ブログ

大工さんのその「ピッタリ!」に材料を組めてしまうおおもと、
墨付けの作業を初めて見学しました!!!

1度は見たい!って前から思っていたので、
ちょうどタイミングが合ってウレシイ〜〜〜!



お伺いすると、大工のサトシくんが、手板にピンを刺しながら、
手作業で材料にしるしを付けていました。

墨付け作業1


墨付けのとき見る手板

材料にしるしを付け終わるごとに、ピンを取って刺し直しています。
現在作業中の場所の確認ですね。


上棟の時に、何度も柱を見ていますが、
あの、「い・ろ・は」の文字は、
マジックで書いていると勝手に思っていました!が!

書くもの

実は、コレ(左側の)でした〜〜〜!


この金物(?名前を聞くの忘れました!)で、
墨つぼで墨を付けてから、書いています!

トンがったカッターみたいな方(奥側)で細い線を書いて、
手前の太めの部分で、「い・ろ・は」の文字を
ササっと書きます。

そうだったんだ〜〜〜。
ビックリです!

 

→墨付け&手刻み見学 その2はコチラ

 

→福田の公式Facebookはコチラ 

→お引越ししきれていない(ゴメンナサイ)、以前のブログ「教えて!福田さん」はコチラ

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全11ページ中)