ページトップへ

ブログ

4月27日付の茨城新聞 住宅特集の掲載記事です。

アトリエ・マーニさん設計の「見晴らしの家」。

建て主のパパさんがたっぷり時間をかけ施工にも参加し、
その理想と愛情をめいっぱい受け止めたマーニさんの
動線設計はどの部屋に行くにも楽しくなる本当に「良い家」。

家の名前になっているように、窓を開けると・・・・
玄関を開けると・・・
八郷のゆったりと広がる里山の風景がパノラマで広がる
気持ちの良い場所に建つ前島邸です。

毎日いいスタートが切れそうな爽快感。

 


 

要望がはっきりとある言わば「こだわり派」の前島さんですが、

「あそこはマーニさんのいうこと聞いて良かった!」
「ここ、できてからやっぱりいう音きいとけば良かった!」
「そーでしょー。でも、それはそれでいいこともあると思ったから
 大丈夫ですよ。」
専門家の意見をきちんと受け入れ、任せるところは任せるという
いい関係だったことが、伺える会話がたくさん聞かれました。

記事にもあるように、パパさんは「やみぞの森DIY教室」に通われたり
まだ空っぽの家にどうやって荷物を入れていこうか
どうやって楽しい家にするのか、楽しさを詰め込んでいくのか
ワクワクされている様子が、一緒にいるだけで伝わってきました。

それから

「私の役目は実際生活が始まってから気持ちよく過ごせるように
家事をすることなんで!」と
パパさんが家族をイメージして率先して建てられた家を
仕事をもつママさんが信頼して受け入れているところが
とても印象深かったです。

家は住み手が家を育てていくお手本みたいなご家族でした。

 

 

記事一覧 | すべて

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /

1ページ (全5ページ中)