ページトップへ

ブログ

 良くお客さまから「C値・Q値」を教えてください。

「遮熱?断熱は?」などのお声をいただきましたので
お返事をこちらにも載せておこうと思います。

 

「C値・Q値」・・・

今ハウスメーカーがピンキリになってきており
安さが売りだったりいい加減なところが多いので
大手メーカーはその差別化で、きちんと建てていると言う
証明として、これが基準となってきています。
 
ですから、ハウスメーカーをどこにするか選ばれるときは
大事にしてほしい基準です。
 
 
でも。在来工法とハウスメーカーの差別化として
ハウスメーカーが売りにしていると言う点で
これを今大事ですよ、お客さんの言ってる工務店大丈夫ですか?
と声高にされてるところが多く・・・。
 
隙間があるとかそう言うことではないのですが・・・
ハウスメーカーのパネルで立てる家を
「良いもの」として基準が作られているので・・・。
 
自然素材で在来工法で作る現代に通じる良い家の
数値ではないかもしれません。
 
ただ福田建設は今最先端の家基準である2020年基準を
達成してるので、ご心配なことはないのですが
どうしても、このC値とかQ値とかが最優先になってしまうと
抜け出せない方も多いようです。
 
 
断熱材について
 
基本、「断熱」ではなく「遮熱」なのが福田です。
高気密高「遮熱」ですね。
 
簡単に言えば遮熱のアルミで家を丸ごと包み
外からの暑さや寒さを部屋に伝わらないようにし、
空気層が作ってあるのでそれが「断熱」の役目を果たす・・・
そんなイメージです。
 
予算のないお客さまの時に高気密高断熱にすることも
ありますが、通常はグラスウールではなく
吹き付けで固めるものなので、ダレたりしませんから
ご心配のものではありません。
 
ただ断熱ではなく遮熱にしているのも
現段階で一番、在来工法に合う
呼吸する健康的な良い家を優先し選択したもの
と言うことなのでそこが良いと思ってくださる方が
多いと良いなと思います。
 
何を信用して何を信頼し
何を優先するか・・・
 
なかなか選択肢の多い世の中、悩ましいです。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全12ページ中)