ページトップへ

ブログ

いい家コラムには中古住宅のというか・・・
在来工法の家のリフォームの話を多く書いています。

それはどうして?ということですが・・・

中古や経年した在来工法の家は福田建設で建てられた
お客さまの家の未来だからです。

もちろん、現在福田建設で使用している壁材や内装などは
今建っている昔の家とは違っています。

でも・・・在来工法の家は、

「きちんとそこに建っていくれている」

ので、これから色々環境や設備、規格、が変わっても
こんな風にリフォームやリノベーションに「耐えられ」
新しい暮らしに「対応できる」

というお手本を示してくれているからです。

わかりやすいところでいくと 古民家にはサッシが
付いていませんでしたが、最新の断熱の窓を取り付けることが
できます。

畳をやめて床暖房のフローリングにすることもできます。

土壁をやめて断熱を高めることもできます。

柱で耐震を取っているので、壁を無くして部屋を広くできたりします。

また

福田建設の家の多くは、木や塗り壁で仕上げしていますので
多くのハウスメーカーで必要なメンテナンスがほぼフリー!

(災害や想定外の何かもありますの「ほぼ」と書いておきますね)

ですが・・・

けれど、もし何十年後かに更に良い素材が開発されても
塗り替えや張り替え、間取りの変更も可能なので

ずっと住みついでいただけることを
知っていただきたいという思いで、書いています。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全14ページ中)