ページトップへ

ブログ

10月25日付の茨城新聞 住宅特集に掲載されました。

小林正一建築設計事務所、小林先生設計
「軒丸太平屋の家」です。

長年共働きだったご夫婦の「これからの住まい」として
建てられた、平屋のお家です。

景色に似合う伝統的な在来工法でありながら
小林先生のモダンな設計センスで、「今」「これから」を
目にも心地よさにも嬉しい楽しい家になっています。


定年後の暮らし・・と言ってもご夫婦ともに若々しく
まだまだ人生これから!なお二人。

旦那さんはMacを使って趣味の写真をパソコンで管理する一方
時々は庭の畑の面倒も見て・・・と、とてもアクティブ。

奥さんは、パーッと開けたLDKや、布団を干すのも楽しげな
縁側をとてもとても、嬉しそうに楽しそうに話してくださって
これからの暮らしのイメージがとてもキラキラとイキイキと
伝わってきて、聞いているこちらが楽しくなるほどでした。

家は人が住むものですが、

これからどんな風な生き方、暮らし方、
どんな自分たちになっていきたいか・・・

そういうイメージを
持っていることがとても大事だなぁ
と感じさせていただきました。

 同じ日の福田建設の広告記事は「こちら」

記事一覧 | すべて

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全6ページ中)