ページトップへ

ブログ

三月に取材を受けていた「チルチンびと」でしたが、この度夏号が発売となり、
210ページに掲載されています。

 福田建設の全部が詰まったような「チルチンびと」の最新号です。

・・・というのも。

今回、星山の家が掲載されているのですが、その記事の嬉しさより
この号の特集のあちこちが福田建設と「同じ」内容が多くて
この号一冊を読んでくださったら、これが全部福田ですって言いたいくらいの
特集なので、よくぞこの号の掲載!という嬉しさでいっぱいです。

104Pの「いい家のために 棟梁のこだわり」
”大工の目利きで木材、建具を一貫製造だからいい家ができる”

の最初の文章などは、福田建設と志一緒だなぁとしみじみし・・・

メイン特集の「買う家」と「つくる家」の違い。はまさに日頃から
おきゃくさまにお伝えしたい、建てる側として知っていてもらいたいと
思っていることが、全部詰まっています。
みなさんにぜひぜひ、この一冊熟読ください!と叫びたい気分(笑。

例えば、ハウスメーカーの宣伝費が、お家の価格にどれだけ食い込んでるのか
考えたら、同じ価格の家の「家自体にかけてるお金」の割合が違ってくるので
単純に考えても、家自体の性能、品質って・・・・?

大げさではなく、わかっていたつもりでも、そこまで⁉︎と
驚くことがいっぱいありましたから、建てたいなと思っている方には
知ってもらい、その上でどんな家にするか
選択していただきたいなと心から思う一冊になっています。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全13ページ中)