ページトップへ

ブログ

今朝NHKの連続TV小説「マッサン」の大工さんの言葉

日本の風土気候の説明をした後、大工さんは
日本列島は細長い島国なので、家への環境が異なっているから、
地域ごとによって工夫が違い家に特徴が出てくることも
説明していました。

機能住宅の新素材は「遮熱」や「断熱」「臭いの吸収」「調湿」を
うたっていますが、もともと日本の家は、襖や障子戸、
漆喰や土壁、土間、梁や柱・・・

自然素材が普通に持っている機能

だということも言っていました。

化学物質を発生しなければ、二十四時間換気も
化学物質吸着機能付きの〇〇とか、いろんなオプションは
そもそもいらないということが、普通のことだということが
よくわかる「普通(あたりまえ)の話」なんですね。

土間や吹き抜けのお家は夏涼しく
昔は囲炉裏があったので冬も寒くありませんでした。
今なら、薪ストーブにあった家と考えれば
空気の回る良いお家になります。

昔の集落には、その地域での知恵が今も残っています。

風の強い場所だから小さな窓・・・ではなく防風林。
門扉や長屋門を作って、風当たりを防いだり、

家々にお堀が作られ、
台所の排水で水が汚れないように、そこには鯉がいたり

一軒の建物だけで完結させすぎないのも
良い家なのかもしれません。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全12ページ中)