ページトップへ

ブログ

ルチンびとの取材の中で、
ご主人のこだわり、奥様のこだわりをはじめ、
建主様が「こうしたい」と願い、
そして、叶えた空間達を伺っていました。

全部引戸であることもそのひとつ。

そのほかには、
 ・リビングに1段あがる場所(小上がり)が欲しい、
 ・家族団らんの象徴!(笑)堀ごたつが欲しい、
 ・木に囲まれた感じが欲しいので、腰板にしたい!
 ・玄関は土間続きで家族用入口を設け、
  広めの収納スペースを確保したい!

などなど、ほとんどの希望がきちんと盛り込まれていて、
「夢を叶えた」感じがとってもするなぁ、と思いました。


家族用玄関口

↑家族用玄関口には、
あがってすぐ引っ掛けられるコートハンガー、
たっぷりの収納の一番下には、土物野菜が箱に入っていました。



ライターさんが、最後に親方に大工さんについて伺いました。

親方曰く、

現在、30代の大工が多く、
彼らは、伝統工法の喜びを感じながら仕事をしてくれています。

今回の浜田の家の担当大工は、中島くんで、
彼も真面目で、家を建てるために生きている、というか、
趣味も家づくり(笑)
休みの日にも家づくりのことばっかり考えているんじゃないかな。

どの大工も、家をつくることが本当に大好きで、
家を良くつくろう、こういう工夫をしてみよう、と、
愛着をもって仕事に取り組んでくれています。

これは、伝統工法ならでは、手作りならではの愛着だと思います。
スピードとコストを重視するハウスメーカーさんの大工とは、
愛着の度合いは相当な差があると思っています。



確かに、現場を見ていていつも思うのですが、
表面に見えないところまで、細やかに仕事をしているのを
あちこちに感じます。


和室

こちらは、玄関すぐにある和室です。

ここで、写真に撮るのは忘れてしまったのですが、
左手の押入れの中、内壁になる桐の板を抑える角材が、
ちゃんと面取り(カドをなめらかにする処理)がされていて、
設計士の玲子さんが
「ここまでやるなんて、さすが中島くんだよね!!」
と、話していました。

 

→福田の公式Facebookはコチラ 

→お引越ししきれていない(ゴメンナサイ)、以前のブログ「教えて!福田さん」はコチラ

記事一覧 | 2014年2月