ページトップへ

ブログ

あんなに辛いくらい暑かった夏も終わり
ようやく空が高くなって、心地よくなってきました。

随分朝夕も涼しいというより冷え込む感じになってきたので
自宅の南面の葦簀をようやく片付けたところ

 

「涼しくなったので葦簀を片付けました」と
旧知の建築家の先生からお手紙が届きました。

前にも書きましたが、家の中で日差しを遮る(30%)より
外側で遮る方(70%)が効果が高いので
夏に葦簀を窓に建てるのはとても有効なんです。

お手紙には、

「最近のプレハブ二階建ての新築のおうちには
 とうとう軒もなくなってしまいました。
 日本の高温多湿の気候には
 深い軒は日差しを遮るだけでなく、
 雨風から家を守ってくれますのにね」

「大きな風通しの良い窓は家の湿気を逃し
 心地よさを提供してくれるのに
 窓もどんどん小さくなりますね」

と嘆いておられました。

心地よく住める家は、気候風土にあった家ということかもしれませんね。

記事一覧 | すべて

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全6ページ中)