ページトップへ

フォトギャラリー

猫も悦ぶ家

猫も家族の一員。一緒に楽しく住まうための工夫&素材をチョイス。そして!遮熱材の威力も痛感!

水戸市 Nさま邸

シルバーの窓枠が倉のような形のスッキリとした外観にマッチ。

 

玄関ホール。濃いめの木材、縦の木目のストライプ。
ちらっと靴箱の向こうに見える猫のトイレ。
家族も猫も健康的に暮らしたいとのご意向から福田建設に依頼したとのこと。

 

海藻土で匂いを吸着分解、腰板で猫ちゃんの爪とぎを阻止!
健康素材で小さいお子さんにも快適なリビングになっています。

 

昔ながらの襖の代わりにキャットタワーが鎮座する広いリビング。

 

キッチンとダイニングの間に設置した作り付けの収納棚。
見せたいものと見せたくないものを分けてしまえる二段式のガラスのアイデア!

 

笠間の丘の家:階段からリビングを見る

ナチュラルなインテリアとあいまった落ち着きのあるダイニングスペースには
ちょっとしたデスクを設けたワークスペースも。

ダイニングスペース右の窓の上になにやら空間が空いていますね・・・?

 

これは空気循環のための吹き抜け。
スリットを入れて落下防止と二階と一階のコミュニケーションツールにもなっています。
「おかーさーん、ご飯まだぁ?」顔を見合わせる姿が目に浮かんで楽しそうです。

 二階はどうなっているのか上がってみましょう!

 

 上がった先に手洗い場。
絵を描いたり遊んだ時にも、汚した時の早急の対策にも?あると便利です。

 

手洗い場の横の個室ドアには・・・猫用出入り口。

そして廊下にフチなし畳敷き・・・?

 

大きくとった二階のホール。
和室のない家にもごろごろ畳欲しいかも!そんな思いがここに実現。
お子さんの遊びスペースとしても畳敷きはとても重宝されています。

そして一階から見上げた吹き抜けスリットは、正面窓の下にありました。
冬の寒さ対策にはここを塞ぐことができます。

 

○や□の明り取りが楽しいドア。


壁の隅には記念の家族手形♡

 

写真では表情まで見えていないのですが、海藻土の塗り壁はこんな風に表情豊か。
左官屋さんはこの一面をサラサラのサラ〜のものの30秒で塗ってしまいます。

ほとんどマジックです。

 

一面白く塗った個室。やっぱり、白にすると部屋は明るくなります。

 

ちょこんと可愛らしくおさまった洗濯機と洗面台。

壁は水に強いヒノキ板張り。

 

こちらも広くスペースをとったトイレ。腰板と板張りの床です。

 



お問い合わせ欄にご希望の日時をお書き添えくださいね!
もちろんお電話でのご連絡もお待ちしております!!

 

  

家族構成:ご夫婦+子ども1人

設  計:小林正一建築設計事務所

担当大工:川松 智史

☆完成時の取材レポートはコチラ

 

NEXT 「常陸太田二世帯の家」▶▶

フォトギャラリー