ページトップへ

フォトギャラリー

元吉田ゆるりの家

外観からは思いもよらない、内部空間。ゆるり過ごせる秘密って?

水戸市元吉田 Wさま邸

笠間の丘の家:階段からリビングを見る

絵本に出てきそうな「ちいさなおうち」
軒を深くとったり、玄関ポーチにきちんと庇を設けたりして
雨仕舞いはしっかりしています。


中に入ると別世界のような拡がった空間に。

玄関にはあった腰板のない壁でさらに広がりと落ち着きを感じさせます。
おきゃくさまのお気に入り、ガラスの照明がふんわりゆるり。

まっすっぐに走るフローリングにぽっかり開けた掘りごたつ式のテーブル。
冬だけでなく、オールシーズン椅子のように着座できるのはとても楽チン。

 

大きなオーダー建具と屋根の形状に沿った天井。
縦横に走る大きく太い梁・・・、
外からの小さな印象が吹き飛びます。

壁と同じに仕上げた対面式キッチンのしきり。
周りとの一体感がありスッキリしたイメージになりました。

キッチンに立った時の景色・・・。
吹き抜ける向こう側のワクワク感が家事仕事を楽しくしてくれます。

収納台の上には「見せたいもの」だけ飾るように並べて・・・。
白い天板のシステムキッチンは「TOTO製」。
作業スペースを大き位けれど、振り返れば全てに届くような。

使うものだけを持ち、使うものをしまうのだから・・・
あえて扉をつけないというのも、素敵な選択です。

間接照明と低く設置した窓。
主寝室でもあるので縁のない四角い「フチなし畳」で
ゆっくりできるようしっとり柔らかな印象の和室。

 

水に強いヒノキをふんだんに使った水回りスペース。
作り付け家具で収納もたっぷり。

 

水はねの配慮から腰板をつけたトイレスペース。
手洗いも作り付け家具で仕上げています。

 

え??平屋じゃなかったの?

 

ロフトスペースかと思っていたはずの空間に現れるまっすぐ伸びる廊下。
右がリビングの吹き抜け空間。

 

右手のドアとその向こうに続く壁の向こうに部屋があるなんて

 

家族の集まる大きなリビングダイニングと対照的な
「こもれる」個室が出現!たっぷりな収納も備え付けられています。

 

さらに廊下の先のドアの先にも!
半信半疑に開けた先には、明るい小屋裏の小部屋。 
ハンモック・ブランコ?いろんな使い方が拡がります。

 

 



お問い合わせ欄にご希望の日時をお書き添えくださいね!
もちろんお電話でのご連絡もお待ちしております!!

 

区切り

家族構成 : ご夫婦+子ども1人

設計 : アトリエ・マーニ

担当大工 : 大森 健治

区切り

NEXT 「日立の家」▶▶

フォトギャラリー