ページトップへ

木拾いの大切さ

木拾いは、木材の強度とコストのせめぎ合いを制する作業。

生活する場のイメージを広げ、間取り・構造・仕様を考えるのは、
設計士さんの仕事ですが、出来た設計図を元に、
材料の算出・作る際の問題点がないかチェックするのは福田建設の仕事です。

構造の強度を考えながら、組み方・材料の長さや太さを工夫し、
コストをもう一段下げることも可能になるこの作業を「木拾い」と言います。

この「木拾い」を経て「見積書」が作成されます。

空間にこだわるあまり、設計士さんが口径や長さが特殊なサイズの木材を
指定してしまうと、価格にも反映してしまいますが、
この「木拾い」は、それを是正して、コストダウンにつなげています。

 

 木拾い書と手板

 

大工経験の長い親方が設計図を熟知し、設計士の意図を汲み取り実際の建物にしていく作業です。
どんなに優れた設計士さんでも、木造の家づくりに関して、大工としての経験値の右に出る人はいません。

福田建設では、「ただ家を建てる大工」ではなく、図面が読め、現場での対応ができる「大工」が
大勢育っておりますので、今までは親方のみがしていたこの「木拾い」も後継の若手大工が
担っています。

 

この「木拾い」という工程を大事にしているので、「見積書」は
家に必要なものは全てリストアップされ、きちんとどれがいくらかかるか
全ての業者さんに「実際にかかるお金」を出してもらいます。

 一軒一軒違う注文住宅を都度「木拾い」し「見積書」を制作しておりますので
お客さまには、お時間をいただくことになり、少々待ち遠しい時間になってしまっておりますが

福田建設の「見積書」は実際に良い家が建つための本当にかかる値段です。

ですから、この「見積書」をみていただいて、納得していただけたら、
設計も段取りも全てできているので、すぐに実際の工事に取りかかることができます。

 

見学にいらしたお客さまや、実際建てられて他社と検討していた経験のあるお客さまには
 一見「高そう」に見える住宅が「これだけの材料を使って、このお値段で出来るなんて!」
「見積りは待ったけど、え!これからすぐ取りかかることができるんですか!?」と
驚いていただけるのは、丁寧な「木拾い」の作業があってこそとなっております。

 

大工は家具も作れます