ページトップへ

フォトギャラリー

平町の可愛い家

伝統の工法でもこんなに可愛い家になるんです!
住み手のセンスと絶妙な収納の配置で広々空間に。

 

笠間市 Mさま邸 

 

便利のいい大通りから一本入った住宅街。
静かな立ち木の残る好立地に建つ平屋の「可愛い家」。

瓦もオレンジ系の洋瓦を採用し、現代和風と真っ向でありそうな
「可愛い」を取り込み、気候風土に合う家を実現しています。

見た目で「小さくて可愛らしい 」と侮るなかれ!
本当に平屋かな?と思うほどのゆとりの住空間です!

 

 

在来工法と表情のある塗り壁でしっとりとした趣を持ちながら
可愛いいラインのデザイン がしっくりハマっています。

玄関ポーチを含んだ深い軒は、出かける時だけではなく
家全体を長持ちさせるよう守ってくれます。

 

 

外灯とともにセンスの良い選択。市販タイプの玄関「引き戸」。

こちらの木製の玄関、開き戸ではなく引き戸・・・
しかもオートロック・・・びっくり、日々進化しています。

 

 

玄関の中に入ると大きなダッフィーとシェリー・メイがお出迎え。
ここに座らせたいと最初からの計画されています。
壁には絵を飾るためのニッチもあり、住まい手と思いを
上手に設計士が形にしているのがわかります。

 

 

玄関サイドには福田建設で人気のクロークスペース。

散らかりがちな玄関にもう一つスペースを作ることで
収納したり、避難させたりという上手な習慣が生まれます。

 

 

クロークの前を伸びる裏口に通じるまっすぐな廊下は
左折すると夫婦の部屋に繋がっています。

 

家の中心のリビングは平屋とは思えない天井高で
実際の広さ以上の開放感を味わえます。
シーリングファンが家中の空気を回してくれます。

 


 

リビングの奥は二つに分けることも想定してある子ども室。

室内干しができるようになっているので
窓を開けてシャッターを閉めていけば風も通せ
天気が不安定な日でも安心して仕事に出かけられます。

 


 

リビングダイニング全景。

玄関ホールの脇に位置する場所に和室を設置。
リブングの床と完全にフラットに隣接し引き戸で仕切られます。

ちょっとゴロンと横になったりお客さまをお通しするのも
お泊めするにも最高です。

 


埋め込みの照明、フチなしの畳、薄桃色の壁・・・。
「可愛い家」にぴったりフィットしています。

 

でも。和室側からは引き込んだ細工の美しい引き戸が目に入り、
きちんとした「和の空間」を楽しみ浸ることができます。

また、キッチンからも目が届くので赤ちゃんをお昼寝させていても安心。

 

 

リビング側から見る玄関廊下。

家全体のイメージを象徴するような
アイアンを入れたオリジナルの引き戸。

住み手のナイスアイデアのコントロールパネルを取り込んだニッチ。

 

 

ニッチ部分のアップ。

普通に設置してしまうとその分壁から出っ張っているので
よく行き来するところではうるさく感じることがありますが
このアイデアは秀逸!

親方も絶賛で次回からの物件からはスタンダードになりそうです。

 

 

システムキッチンは「クリナップ」社製。

ナチュラルテイストでまとめたキッチン内部。
大工さんに作ってもらった造作の収納棚は持っているものと
十分に相談して決めているので、散らかる心配もありません。

そして、奥にはアーチ型の出入り口らしきものが・・・

 

 

壁には掃除用具がセンス良くかけられ・・・

 

 

 

その奥には夫婦の寝室が・・・・!

 

 

そして、もう一方にある出入り口の先には両脇に大容量の収納を
従えた廊下がまっすぐ玄関廊下へと続いています。

この絶妙な動線は毎日の暮らしが機能的になるだけでなく
ホッとする「余白」が生まれて素敵です。

 

 

余裕のある空間に仕上げたトイレ。「リクシル」社製。

もちろん壁は消臭効果も高い海藻土の塗り壁。
掃除しやすさを優先させたチェックのクッションフロアは
脱衣所とお揃い。

 

 

たっぷりの収納とすっきりと美しいデザインの洗面台は
「クリナップ」社製。

壁の凹凸を利用した脱衣所の棚は、心憎いぐらい。
思わず「これって本当にあって助かるちょうどよさ」だなと
つぶやいてしまうほど・・・。

 

 

小さいおこさんから年配の方にも安全な手すりを
今からちゃんと設置された 「クリナップ」社製のユニットバス。

薄いキャラメル色のお風呂「かわいいぃ」です。

 


 

 



お問い合わせ欄にご希望の日時をお書き添えくださいね!
もちろんお電話でのご連絡もお待ちしております!!

 

区切り線

家族構成:ご夫婦+子ども1人

設  計建築設計室シドミ

担当大工:福田 智史

施工中の様子はコチラ

区切り線

フォトギャラリー