ページトップへ

フォトギャラリー

河和田の家

丸太の夫婦柱(めおとばしら)が母屋を支える 吹き抜け空間

水戸市 Aさま邸

河和田の家:外観

明るい黄色系の外壁が目を引く河和田の家
大きい開口部の一階二重サッシの掃き出し窓にはそれぞれシャッター付き。

 

 

玄関を開けると海藻土塗りの白い壁と杉板の明るい木目の造り付け家具。
右側の収納下に開けた開口で光を取り込みます。

 

玄関ドアをガラスの入ったデザインのものにし、暗くなりがちな玄関を明るく。
オリジナルの引き戸は白と木目のツートンで軽快に。

 

杉板張りの床にどんと構えた丸太の柱はまさにシンボルツリー。
優しい色目の木材で統一し、同色の幅木や周り縁でスッキリした印象に。

 

リビング中央は吹き抜け、照明は張りを利用しスッキリしたデザインのものを採用。
天井に取り付けられたシーリングファンの白と相まって。

 

縦横のラインが美しく映えるオリジナルの建具の数々。
家族の使い勝手に合わせたTVボードもオリジナル。

 

対面式キッチンはぐるり手元を隠し壁つきタイプのものを使用。
キッチンの作業台と高さを合わせた収納棚はタイトながら作業動線は抜群。

 

変形になった吹き抜けはさらに広がりを感じさせてくれます。

 

和室の木目の美しい格天井。淡い色合いの塗り壁に白い襖でモダンに。

 

小林先生らしい屋根型のアーチ。左右シンメトリーに出入り口を配置。

 

Vの字のようになった二階手すり。左右に別れた部屋へ誘うような形に。
ハシゴはロフト収納へ。

普段使わないハシゴは引っ掛けておき、使用するときに登りやすくセット。
オリジナルの並んだドアにはそれぞれ四角い明かりとりがアクセントに。

薄くデザイン性の高いLED照明を張りに設置。
収納もたっぷりな個室。

ロフト収納。天井の形状を一部表しにして高さを確保。
見た目も美しく大容量の収納力。

 

二階水廻り。どこも白と木目のコントラストが美しく収まっています。

 

シーリングファンは夏は涼しい扇風機。
冬は上に溜まった空気を階下に降ろしてくれます。

 

広い脱衣場と大きな開口のバスルーム。
造り付け収納棚も設置。

 

天井を一部切り取ったような形のトイレ。
そこに照明を入れ込み間接照明に。直接あかりが飛び込見ません。

 



お問い合わせ欄にご希望の日時をお書き添えくださいね!
もちろんお電話でのご連絡もお待ちしております!!

 

区切り

家族構成:ご夫婦+子ども3人

設  計:小林正一建築設計事務所

担当大工:小森 浩史

施工中の様子はコチラ

区切り

NEXT 「茨城町の家」▶▶

フォトギャラリー