ページトップへ

フォトギャラリー

にほんのいろを散りばめた和の家

外観は質素・簡素 内観は艶やかに

大洗町 Lさま邸

笠間の丘の家:階段からリビングを見る

着物張りの天井、大胆な色使いが中村先生ならではの和室。

 


玄関を開けると異世界へ誘われます。

 

玄関・玄関ホール共に洋金揉み紙が張られています。

 

玄関扉の上部には、施主のお母さまの帯締めをアクセントに。

 

 

階段ホールには、紅と黒の帯を張った引き戸・・・
どんどん世界観に引き込まれる空間。

 

トイレ内の天井は朱色。
カウンターは「艶やかさを求めた」という朱塗。

 

トイレ内側から見た側戸には花を刺繍した帯が張られています。

 

お母さまのお部屋の天井には
お手持ちだった麻の葉模様の着物を。
白と黒の物はお母さま、紅はお嬢さんの物だったそう。

着物・羽織の紋様が着物型紙師の仕掛けで躍動しています。

 

造り付けの着物入れ戸棚。
内側の紅色は開けるたびに心が華やぎます。

 

畳敷きのリビング。

対面になったキッチンには引き戸があり、仕切ることができます。

 

キッチン内部。朱塗のカウンターが差し色に。

 

先祖礼拝用の造り仏壇。

 

木の香がいまにもしてきそうな洗面脱衣室。

洗濯物干しも装備。

 

また別の世界に誘ってくれそうな二階への階段。

 

しっとりとした青に染められた腰板と天井の二階室。板の間。

 

こちらも青く染めた天井の二階室。畳の間。

二室それぞれ違った趣があります。

 

日常が非日常になってしまいそうな紅色の引き戸が美しい廊下。

 

こちらは茶室。
床の間・襖紙・天井には西ノ内手漉き和紙。

いぶし銀のようなしっとりと厳かな空間に。

 

中村先生の紹介ページにも素敵な写真が掲載されていますので
ぜひそちらの方もご覧下さい。→Homify 

 



お問い合わせ欄にご希望の日時をお書き添えくださいね!
もちろんお電話でのご連絡もお待ちしております!!

 

区切

家族構成 : 親子2人

設計 : 樹・中村昌平建築設計事務所

担当大工 : 武者 裕治

区切

NEXT 「阿字ヶ浦の家」▶▶

フォトギャラリー