ページトップへ

フォトギャラリー

夫婦柱の家

自分の山の木だけで建てる家を実現。製材も全部福田の工場で。

水戸市 Nさま邸

笠間の丘の家:階段からリビングを見る

ガルバリウムの屋根の真ん中に煙突一本。
縁側の木色がアクセントの外観裏側。

 

 

玄関側の側面はまた違った趣。
四つ並んだ窓の室内が気になります・・・。

 

一面白い塗り壁(海藻土)の室内。
靴を脱ぎ履きするときに便利なベンチつき。

 

オールフラットのバリアフリー。
薪ストーブの炉台もフチなし畳も段差なし。
サーキュレーターは照明付きのもの。

 

床だけでなく、壁側もものを置いても段差なしになるように
作り付けの棚も少し奥まってた設置に。

 

キッチンとの境目にも作り付け家具を設置。
物の指定席をたくさん作ることで、引越し後の荷物が入っても
スッキリ暮らす工夫がいっぱい。

 

家の中央の大黒柱。
その左側、キッチンの方向に目を向けると同じ太さの柱が・・・。
これが「夫婦柱の家」の名前の由来となる家の要。

 

畳敷きスペースの奥、両脇に出入り口。
奥の一部屋を将来的に二つに仕切って使うことができます。

 

明るいキッチンスペース。
システムキッチンで十分な作業スペースの他に
窓辺には作り付けの棚も設置。

 

アクセントカラーに壁を優しい黄色にし、
一段と楽しい雰囲気に。
さらにその奥には・・・。

 

左右ふた部屋が出現。大容量のパントリーと家事室。

 

大きなリビングの反対側に集中させた水回りスペース。
シンプルなラインが美しいデザインの洗面台を採用。

 

ゆとりの広さを確保したトイレスペース。
掃除しやすいように床はクッションフロアに。

お風呂は使いやすさを優先しユニットバス。
脱衣所は水に強いヒノキの板張りに。

 



お問い合わせ欄にご希望の日時をお書き添えくださいね!
もちろんお電話でのご連絡もお待ちしております!!

 

区切り

家族構成:ご夫婦+子ども1人

設  計:鴨志田玲子建築設計室

担当大工:川松 智史

区切り

NEXT 「村松の家」▶▶

フォトギャラリー