ページトップへ

フォトギャラリー

阿字ヶ浦の家

原始的な安心感をもたらす、ほどよい明るさとゆるやかな曲線

ひたちなか市阿字ヶ浦 Nさま邸

笠間の丘の家:階段からリビングを見る

窓枠のオレンジ味の木枠と白い外壁の組み合わせの特徴ある外観

 

  

左官屋さんの技が光る柔らかな外壁。
鉄を組み合わせた外灯との絶妙なデザイン。
敷き詰められた玉砂利や植栽までもが計算された美しい外観。

 

左側にガラスをはめて明り取りにし、木製のドアでも暗くならない工夫。
オリジナルのドアでさらに柔らかく優しい雰囲気に。

 

玄関ホールの正面はフラットな扉の収納棚。
床板を斜めに張るとこんなにも表情豊かに。

 

まるでどこかの国の家のよう・・・。
出入り口だけでなく、天井から壁のラインを丸く仕上げています。
丁寧な大工仕事と左官屋さんの技の妙です。

 

天井からいくつもぶら下がる照明と
ほっこり座っているような形の薪ストーブが
さらに異国のような雰囲気を演出。

 

一段下げたキッチンスペース。
目線が下がるのでさらに落ち着いた気持ちになります。

ちょっと珍しい四角く仕上げた出入り口も柔らかく感じます。

 

今流行りのニッチもこんな表情豊かな壁に鉄と作ると
祠のような趣が感じられます。

 

キッチンの向こう側に見えるのは和室。
少し低めの出入り口に入ってみたい気持ちを誘われます。

 

大工さん泣かせだったのでは⁉︎と思わず
思ってしまう不思議な形の天井を持つ和室。

 

書斎として使っても集中できそうな・・・
細い讃が美しい障子戸。

 

壁と同色の襖が空間に溶け込むよう。
角が二辺の窓で突き合わせになっている明るい窓辺。
角の丸太の柱が支えてくれています。

 

近くに寄ってみると・・・
障子、二重サッシ、雨戸・・・とレールが沢山。

 

ヒノキで張られた天井と壁の明るい浴室。
贅沢な時間が過ごせそうです。

 

洗面脱衣室にも同様にヒノキを使用。
作り付けの棚でたっぷりの収納を確保。

 

十分な広さを確保してゆっくりしてしましそうな
天井・壁・床の全てが板張りのトイレスペース。
床の斜めが効いています。

 

デスク脇の小上がりの畳スペース。
天井まで届きそうな本棚。たっぷりの収納に天井裏へのはしご!
子どもの憧れが全部詰まったような空間です。

 

 

区切り

家族構成:ご夫婦+子ども1人

設  計:住まい塾 代表 高橋 修一

設計助手:藤倉 将和

担当大工:藤岡 慶一 萩原 浩二

☆完成時の取材レポートはコチラ

区切り

NEXT 「古民家リノベーションの家」▶▶

フォトギャラリー